不動産売却 一棟物件/不動産 高価査定/一棟マンション 売却/一棟アパート 相場調べ/中古マンション 相場情報/中古アパート 高価買取/投資用不動産売却 無料査定

HOME › 不動産高価売却(高く売る)方法とその査定ポイント

不動産高価売却(高く売る)方法とその査定ポイント

一棟マンション、一棟アパート(中古アパート)を高額査定、高価売却する為には、売りやすい、
評価されやすい時期とポイントがあります。

一棟マンション・一棟アパート(中古アパート)を「高く売る」ために

第一に建物の価値を高める事です。
1.外観・・・入居者が住み家を選ぶとき外観の第一印象でほぼ決まってしまいます。
2.設備・・・ウォシュレット・オートロック・TVモニター付インターホン・浴室乾燥機・インターネットなど新築ではなく中古マンション、中古アパートであるからこそ、流行の設備が高額での不動産売却にとって大事な要素になってきます。

中古マンション、中古アパートにとってウォシュレット・オートロック・TVモニター付インターホン・浴室乾燥機・インターネットが大事な要素となってくることを説明する画像です

投資物件の一棟マンション、一棟アパートとは、高い収益を生めば生むほど投資不動産としての価値が上がります。
【常に高稼働率を維持】 して 【高い収益・高利回り】 を確保してこそ 【高額での不動産売却が可能】 となります。
つまり入居者を確保できる一棟マンション、一棟アパートであり続ける事です。

一棟マンション・一棟アパート(中古アパート)を「高く売る」時期とタイミング

建物の場合、構造的に法定耐用年数が決まっています。

木造住宅は22年、重量鉄骨造は34年、鉄筋コンクリート住宅は47年と構造の違いによって法定耐用年数が違うことを説明する画像です。

税務上の経費として、認めているのが減価償却という制度です。実際には出ていかない経費を毎年計上できる為、減価償却は節税効果として不動産経営上の一番の「うまみ」なのです。

木造中古アパートを売却、買い替えするタイミング、時期は築15年を一つの目安としてお考えください。多額の修繕費がかかる様になった中古アパートを法定耐用年数内に売却、買い替え、処分してしまうのが、賢い大家さんと考えます。

不動産売却「どこよりも高く買います」・・・高額査定のウソ

「高額査定!どこよりも高く買います」と高らかに宣言している不動産会社がありますがその時点でその不動産会社は外したほうが良いかもしれません。不動産会社は家賃収入を得る為に投資物件を買い取るわけではないのです。買い取り価格に利益を上乗せして市場価格の相場で売却をするのです。(不動産会社の買い取り価格は、市場価格の60%〜75%と言われております)

基本は信頼のおける会社、良心的に相談に乗ってくれる会社を選ぶべきです。それと販売力のある会社です。

投資用不動産の場合“ご自身で住むわけではない、ご自身で管理する訳ではない”と言う特徴からあなたの大切な資産である投資不動産の購入希望者は全国にいらっしゃいます。

  • 会社独自のインターネット広告
  • 全国の営業所網

の上記2点を持つ会社を選ぶべきでしょう。

会社独自のインターネット広告と全国に営業所を持つ不動産会社を選ぶことが大切であることを説明する画像です

以上、簡単に不動産高価売却(高く売る)方法とその査定ポイントを解説しましたが紙面の都合上言葉足らないところが随所にあります。質問、相談等ございましたらお気軽にお問合せ下さい。当社スタッフが丁寧にご対応させていただきます。

【不動産売却 無料査定をご希望の方はこちらへ】不動産売却 無料査定ページへのリンクバナーです

【不動産売却のご相談をご希望の方はこちらへ】不動産売却のご相談ページへのリンクバナーです

このページの先頭へ戻る