不動産売却 一棟物件/不動産 高価査定/一棟マンション 売却/一棟アパート 相場調べ/中古マンション 相場情報/中古アパート 高価買取/投資用不動産売却 無料査定

HOME不動産売却の流れ › 不動産売却に係わる費用

不動産売却に係わる費用

諸費用について

  1. 仲介手数料

売買契約を成立させた時に、成功報酬として不動産会社が売主より受取る手数料です。

一般的な仲介手数料 売却価格×3%+6万円

  1. 抵当権抹消費用

ローンの残債があり抵当権が設定されている場合には、抵当権の抹消を
司法書士に依頼します。
抹消登記の登録免許税(1件1000円)と司法書士の報酬とで、だいたい2万円以内で
収まります。抵当権が複数ついている場合は、抵当権1件あたり1万1000円程度
追加されます。

  1. 境界設置費用・測量費用

土地を実測して引渡す場合には測量費用がかかります。
敷地の境界がはっきりしない場合には、境界確認や標石設置が必要になり、
その費用が発生します。

税金について

  1. 不動産売買契約書の印紙税

不動産の売買契約書には印紙税がかかります。
契約書に印紙を貼り、消印を捺すことで納税します。印紙税額は、契約金額によって
変わります。現在、税額軽減措置がとられています。

  1. 所得税・住民税

不動産を売却し、譲渡益が出た場合、譲渡益に対して所得税や住民税がかかります。
特定の条件を満たしていれば控除制度もあります。

譲渡所得の計算方法 売却代金(譲渡収入)−(購入代金+諸費用)=譲渡所得

つまり土地や建物を売却して得た金額(譲渡収入)から、その不動産の
購入代金や購入にかかった経費、さらに売却にかかった経費を差引いた金額を
「譲渡所得」と呼びます。

※基本的に売却に伴う販売活動費、広告費用は不動産会社が負担いたします。

※不動産会社が対象物件を売却する事ができないで売主より媒介契約を解除された
場合でも販売活動費、広告費用を請求される事はありません。

このページの先頭へ戻る