不動産売却 一棟物件/不動産 高価査定/一棟マンション 売却/一棟アパート 相場調べ/中古マンション 相場情報/中古アパート 高価買取/投資用不動産売却 無料査定

HOME › 不動産売却 よくある質問集

不動産売却 よくある質問集

お客様から寄せられた不動産売却に関するご質問にお答えします。
ご質問等などございましたら、お問合せフォームよりご遠慮なくお寄せください。

キーワード検索 全件表示

現在18件の質問があります。1118件を表示しています。

前の10件
次の10件

近所に解らないように不動産売却をする事は可能でしょうか?

収益不動産に関してはまったく問題ありません。
収益不動産に関しては、”自分で住むわけではない、自分で管理するわけではない” と言う特徴から物件所在地以外のエリアの投資家が購入するケースの方が圧倒的に多いのです。
当社の全国の協力店47社があなたの不動産売却に尽力いたします。

このページの先頭へ戻る

不動産売却に伴いリフォームをした方がよいですか?

基本的には必要有りません。
ありのままの状態で売却価格を決めて売り出せば良いのです。
しかし住む事に支障が生じるような不動産売却はご遠慮いただきたですね・・・修理が必要と考えます。

このページの先頭へ戻る

不動産売却を依頼したいのですが権利証が見つかりません。不動産売却の手続きはできますか?

まったく問題ありません。
この場合、司法書士が本人であることを確認して書類を作成し、登記の申請をすることができます。

このページの先頭へ戻る

不動産売却に伴う広告費はかかるのでしょうか?

不動産売却に伴う広告費は不動産会社が負担する事になっております。
不動産売却の依頼主に広告費を請求する事は有りません。

このページの先頭へ戻る

不動産売却を依頼して実際に不動産売却が成立するまでの期間は?

価格面の手法をお答えします・・・(もちろん価格面以外の手法も沢山あります)
不動産売却が成立する価格と言うのは市場相場の前後になります。
不動産売却依頼主との打ち合わせにより 「何時までに売却完了したい」 という要望に合わせた販売計画を立てさせていただきます。
高目の売り出し価格からスタートして徐々に価格を下げてゆくのが代表的な手法ですね。

このページの先頭へ戻る

不動産売却を考える投資家の不動産売却理由で多い理由を教えてください。

不動産売却理由ケース1
小額物件を複数持っている投資家が高額物件に買い替えを図る

不動産売却理由ケース2
木造アパートで多額の修繕費がかかる様になった中古アパートを法定耐用年数内(22年)に売却、買い替えをしてしまう

不動産売却理由ケース3
一番多い理由は、単純に現金が必要な事情が発生したですね

このページの先頭へ戻る

一棟収益物件以外の不動産売却依頼を受けていただけるんでしょうか?

もちろん、土地・戸建等全ての不動産の売却依頼を受けられます。
しかし当社の販売力は一棟収益物件に関しては他社を圧倒しておりますが・・・その他の不動産に関しての販売力は他社と大差はありません。

このページの先頭へ戻る

無料査定と言うのは本当ですか?
不動産売却で費用が発生するケースは?

査定は無料です。
発生する費用は、ご依頼を受けた不動産売却が成立した際に発生する宅建業法という法律で規定された仲介手数料(物件価格の3%+6万円)です。

このページの先頭へ戻る

前の10件
次の10件